2020年1月20日月曜日

第17期 スリランカ人道支援9月

事業種: 人道支援事業
事業名: 2019年9月 スリランカ人道支援 
開催日: 2019年9月12日~2019年9月17日
従業者: 8名
受益者: (訪問先参照)
レポート: (1) (2)


 事業内容:
支援・訪問先:
  1. スリランカ・KGH活動センター(ベルワラ村)
  2. 国立コロンボ総合病院(Hospital Service Council )
主な事業内容:
  • 地元の協力団体(Hospital Service Council)からの要請により、第3回目となる「スリランカに車いすを届けよう」プロジェクトを実施。当団体の担当スタッフが呼びかけ、中古車いす回収・修繕・整備を行い、日本から6名が参加協力し現地に届けることができた。国から無償で医療を受けることができても、薬や治療代、退院後も継続した治療や障害が残った場合は自費負担であるため、保障を受けることができない貧困層に対し、16代の車いすの提供を行った。同時に、長期入院中の子ども達等を見舞い、おもちゃや衛生用品を配布した。
  • 現地のHospital Service Councilでは、集めた医療器具や生活用品等の寄付物品を管理するシステムを構築しており、病棟ごとに病院の責任者が各患者の病状や生活状況、必要とする物品を医者の同意を得てリクエストを出し、それに応じてボランティアスタッフが配布・寄付する、という流れができていた。日本からの車いすをきっかけに、日本以外で、オーストラリア、イギリス、カナダ、アメリカなどの国からも医療器具の中古品~衣類まで貧困層の治療を行う病院で活用できるものを中心に寄付物品がコンテナ単位で送られてくるネットワークも構築され、スリランカ人はそれらを修理したりきれいに掃除して、必要な人に必要な分だけ手渡しで届けるという活動に広がっていた。我々の活動に影響されて実施するようになった、と現地団体代表の僧侶が、今回の参加者にこれまでの活動記録写真をみせながらお話して下さり、小規模で地道な活動が大きく活かされ感慨深くお話を伺った。
      



     収支報告:

    事業予算 <レート \1=Rs1.602>

    スリランカ人道支援
    Shihasara F. 活動センター
    Hospital Service Councilへ

    車いす事業(運搬・交通)
    \309886 

    \386,940
    合計\696,826