2018年2月23日金曜日

第15期 2月ミャンマー人道支援事業

第15期 平成30年2月ミャンマー人道支援

事業種: 人道支援事業

事業名: 2018年2月ミャンマー人道支援 
開催日: 2018年2月7日~2018年2月19日
従業者: 5名

 事業内容:
支援・訪問先:
  1. モン州SPT寺子屋孤児院支援事業
  2. エヤワディ州C村農産業事業
  3. ヤンゴン拠点事業、日本語学習者のボランティア参加
  4. モービー低所得者用賃貸住居事業
  5. シャン州クリスチャン孤児院支援事業
主な事業内容:
  • この度は、日本人とアメリカ人を対象とした現地開催研修セミナーが開催され、ボランティア活動体験が研修の一環として行われ、参加者総勢29名が当団体の支援活動に参加。参加者には当団体と長年の協力関係にあるNPO団体のメンバーや賛助会員も含まれ、支援物資の募集や募金活動等、約半年にわたって事前準備も行われ、研修では、孤児院の子ども達850人分を見込んだ支援物資の分類、セット作成に終日汗を流してもらい、孤児院訪問では、文具やお菓子、お小遣いの手渡し、子ども達が自分達で選べるプレゼント方式にした設営や、ゲームや福引など子ども達が楽しめるコーナーを運営してもらうなど、子ども達だけではなく、ボランティア参加者も楽しめ、互いの交流を深められる訪問支援をすることができた。
  • また、継続して農業プロジェクトを行っているCW村にも、日本人、アメリカ人のグループをそれぞれ案内し、村の人々との交流を深めてもらい、支援者、受益者共に、当団体の活動への理解も深めてもらう事ができた。
  • 昨年の訪問で知り合った日本語学習に励む学生たちの中で、当団体の活動に関心を持つ学生4名がこの度の事業にボランティア参加をしてくれることになり、日本人参加者の通訳もふくめた事業活動協力でしっかり活躍してくれた。学生にとっても良い体験学習の機会ともなり、今後の進路や就職について悩んでいた学生達に、日本人との協働を通じて、多くの刺激と理解を与えることができた。
  • 縫製プロジェクト、現地貧困者対象のマーケットプロジェクトに関わってきた現地の協力スタッフより、近隣の土地の有効活用について相談を受けた。概要は、近年、日本を含む海外資本の工場が近くにでき、多くの労働者が村に集まるようになってきたが、地方から出稼ぎに来ている貧困層の人々に十分な居住がなく、住居を作り提供したいという要望であった。当団体は、可能な技術や資金提供、運営や管理の指導を担い、安価で快適に過ごせ、生活向上を啓発できる居住区をめざす目的をもって事業協力することとなった。
<現地レポートはこちら>
   

収支報告:
人道支援事業
M州SPT孤児院支援
CW村農業産業事業
M村低所得者居住事業支援

シャン州孤児院
縫製プロジェクト
物資運搬/通信費
¥653,454
\176,300
\451,000
\359,570
\39,360

134,596

合計
¥1,814,280

2018年2月21日水曜日

H30年2月ミャンマー人道支援活動体験

当団体の人道支援の活動の体験学習を含めた研修が実施され、日本から24名、アメリカから5名の参加者がミャンマーを訪れました。

日本では、このブログでも募集要項をご紹介させて頂きましたが、当団体の長年の賛助会員でもある、石川県のゲストハウスの皆さんが、昨年8月より孤児院や村のための支援物資や寄付金の募集を開始され、岡山の拠点運営にご協力くださる奉仕者の皆様や、全国の協力者の皆様が尽力され、たくさんの支援物資が集まりました。
支援物資の発送に対する寄付金も多く寄せられ、物資や寄付金は、現地に足を運び子供たちに届けようと研修に参加された皆様の手でミャンマーの子ども達に手渡されました。この事業にご参加、ご協力の皆様、本当にありがとうございました。

研修参加の皆様は、現地集合して会場に到着するやいなや、早速日本からの物資、現地で先発隊が追加購入した物品を広げて分類わけがはじまりました。

現地のボランティアスタッフや、日本語学習に励んでいる学生ボランティアも参加して、たくさんの手で仕訳されました。
翌日も、終日、延々と仕訳が続きました。物品を種類分けしたものを、今度は基本セットとして、タオル、石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉、ノートとボールペンなど、全員に渡したいアイテムを850人分作り、続いて、年齢や性別ごとに、子ども達が自分で選べるように、衣類やバッグ、髪飾りやキーホルダーなど、お楽しみアイテムも含めたセットを作ります。


これでもか~というぐらい、大量のプレゼントの山です。
真剣に連携プレーでやれたおかげか、見込みよりも早く終えることができました
いよいよ子ども達のところへ出発です。
日本人が訪れた施設には、750人以上の子ども達がいますが、あいにく試験中で集まることができず、250人の子ども達だけが集まってくれました。
250人に配布するだけでもずいぶん時間がかかりましたので、ちょうどよかったのかもしれません。残りは、春に再訪問し、手配りする予定を立てています。



施設の会場に搬入し、順番に子ども達に受取用の袋を配布…
 

お菓子やノートを順に受け取って、並べられたプレゼントの中から好きなものを1つ選ぶことができるようにしました。

終わった子たちは中身をチェック!!皆が終わるまで、輪投げ遊び♪

 

全員が終わった後、今度は日本人がそれぞれ選んだプレゼントが当たる福引です。
数字が書いてあるくじを全員引いて…
 
当たり番号が読み上げられるたびに、子ども達から大歓声があがり、当選者に手渡されると大きな拍手!先生にも当たって、会場は大盛り上がりでした。








日本からご参加の皆さん、ほんとうに有難うございました。

翌日は、研修の最終日、日本に帰国する日でしたが、最後の最後まで体験学習の予定はびっしり♪
農村部へ出かけ、村の人たち、学生達と共に、ぷっくりと実ったトウモロコシを収穫し、摂れたて、ゆでたての美味しいトウモロコシを頂き、交流のひと時を過ごしました。






2018年1月10日水曜日

第15期 12月ミャンマー人道支援

事業種: 人道支援事業

事業名: 2017年12月ミャンマー人道支援 
開催日: 2017年12月13日~2017年12月20日
従業者: 2名

 事業内容:
支援・訪問先:
  1. モン州Z村、教育事業支援
  2. SPT孤児院2月訪問準備
主な事業内容:

  • 前回の訪問で報告した、農業事業と子ども達の教育支援を行っているZ村に、当団体の長年の現地スタッフでもあるミンウー氏を訪ねて訪問。これまで、事業運営支援や文具などを寄付したことはあったが、実際に学習中の子ども達を訪ねるのは初めて。子ども達のために、洗剤や石鹸等の衛生品、文具、日本の市販医薬品などを届け、事業運営資金の援助も行った。寄宿している学生は28人に増え、通いの学生は50人以上に増加していた。

  • 同時に、農業プロジェクトを行っている田んぼの見学も行った。稲刈りも終わり、これからまた田植えが行われるという時期だったため、稲が実る田の様子は見られなかったが、引き続き、定期的に米を購入し、SPT孤児院へ配達してもらうことを依頼した。
  • 長年の支援先であるSPT寺子屋孤児院を訪ね、子ども達の学習と生活状況を調査。この数年は、子ども達への直接物資配布は行っていなかったが、2月に日本でボランティア参加者と支援物資や寄付金を募り、子ども達全員に物資を手渡し出来る計画を立てているため、子ども達の年齢・性別の人数等、詳細を確認した。現在、約750人の子ども達が寄宿しており、SPTは公立校として認可を受け、小中高の教育を独自に行うことができるようになっていた。それまでは、寄宿する子どもたちは全員、近隣の公立学校に通っていたが、現在は、近隣に校舎ができ、主に高学年の子ども達の寄宿を兼ねた教育施設と、帰る家のない孤児達や12歳以下の子ども達が寄宿し教育を受けられる施設が分けられていた。調査内容をもとに、日本でしっかりと物資や寄付金、参加者の募集を行いたい。



収支報告:
人道支援事業
交通・運搬/通信費
Z村教育施設
SPT孤児院訪問
¥288,990
¥224,379
\100,037

合計
\713,369

2017年11月8日水曜日

2月ミャンマーへ!支援物資募集中

来年2月は、ボランティア体験ご希望の皆様と共に、孤児院へお楽しみプレゼント企画で物資をお届けしたいと考えています。

石川県のゲストハウスPongyiさんのご協力で支援物資の募集チラシが作られ、賛助会員の皆様には会報とともに発送させて頂いております。まだまだ2月まで期間はありますので、ぜひ、子どもたちにプレゼントしたい、という方は事務局までお送りください。

先日、毎回の呼びかけにご自宅にあるもの、職場やお知り合いの方に声掛けをされて集めたものなどを送って下さるMさんからの物資が届きました。

倉庫管理を行うボランティアの人たちへのお便りと共に、箱の中にある物品を詳細リストにして下さり、品目別にジップのビニールにいれてあって、その一つ一つに品名と数が記してあります。

消しゴムつきの鉛筆、青のボールペン、牛乳石鹸や、生理用ナプキンなど、これは本当に喜んでくれる、という品物もたくさん入れて下さっていて、梱包するためのテープまで数種類入れて下さっていました。

同時に空港までの発送費の寄付金も口座に振り込んで下さっていて、すべてに隅々まで思いやってくださっていることが感じられて、感動しました。

子ども達への文具では、消しゴムと鉛筆削りを1セットにしたものもたくさん作ってくださっていて…。たしか、Mさんは、ミャンマーの現地支援には行かれてないのでは?と思うのですが、どうやってここまでの情報を得たのかな、と不思議に思うぐらいです。

きっと、何かの会に参加されたときに、現地支援参加者の話を聞かれたとか、ブログや会報、お知らせを隅々までご覧になっているのかな、と本当に頭が下がる思いです。

Mさんは、「物資」じゃなく「プレゼント」なのだ、という表現に気づきを受け、自らを省みながら発送した、とおたよりに書かれているのですが、受け取る側がはっとさせられるような、心のこもったダイレクトアクションに今一度気を引き締め直し、ご協力くださる皆様の心とともに子ども達にお届けさせて頂きたいと啓発されました。

なかなか、Mさんのようにはできないことは、私たちも承知しております。ただ、本当に感動したことの共有までに掲載させて頂きました。

気持ちを寄せて下さり、お忙しい中、少しでも役立つなら…、と送ってくださる皆様、そして、時間をみつけて物資の整理に駆けつけて下さるボランティアの皆様、寄付金を送って下さる皆様、現地に行って手渡したい、という皆様、、、全ての皆様のお気持ちを子ども達にしっかり届けたいと思っています。

引き続きのご協力をお待ちしております!

2017年11月6日月曜日

お役立ち情報*ドル両替

2月にミャンマーへボランティア参加しよう!という方、海外へ行くご予定のある方にお役立ち情報です。

海外へ行く際の両替は、空港や銀行で済まされる方も多いかと思います。現地の交通費、食費、宿泊費はみなさんで実費を集金ですので、ドルへの両替は必須ですよね。

今は、日本円でも現地で両替ができますので、円でも構わないのですが、どうしても現地での支払いが、対外国人だと米ドル決済となり、その時のレートでなかなか計算が難しくもあり、持参する現金の目安を事前にお知らせするのが難しくなります。

事務局でも現地に支援金を持参する際に、ドル両替をすることが多いのですが、いつも両替の手数料の高さにがっかりしてしまします。色々と探して最近見つけた両替屋さんがお得で楽で助かってます。「外貨両替ドルユーロ」というお店ですが、郵便で送って自宅まで届けてくれるサービスです。

私たちのように地方にいると、都市部のように身近な場所に両替屋もなく、紙幣の種類を指定できません。パックに1ドル~50ドルまでがセットになった両替機を使うしかないという声もよく聞きます。

最初は、現金を書留で送ったり、届けられることにも不安があったのですが、これまで数回利用して問題もなく対応も早くて便利でした。特に、私たちの場合は、アメリカの皆さんが来られて寄付を受けたり、ミャンマーで両替するとレート以上に手数料が科せられることで有名?な、新品でない100ドル札や、50ドル以下の小さい紙幣が残ってしまいます。それを現金書留で送り、翌日には通帳に日本円で入金してくれるし、レートが他よりよく書留料を含めても手数料は安くついています。
空港に行って両替だとレートはその日のものになりますが、まとまった金額の時はレートの良しあしでずいぶん違ってきます。外貨両替ドルユーロさんだと、レートがよくなった日にネットで申込みすればその日のレートで両替してもらえます。(翌日さらによくなった、しまった~!ということもあるかも知れませんが…)


2017年10月21日土曜日

農業支援*Kubota稲刈り機♪

前回のミャンマー訪問のレポートでご報告させて頂きましたが、ミャンマーの孤児院にコメを届けているZ村で、農機具を購入し村の皆さんに使って頂く計画が前進した、と現地から報告がありました♪大きく立派なKUBOTAの稲刈り機です。
試運転も始まり、農村の皆さんが意気揚々とされている姿が目に浮かびます。




開発、発展に伴い、ミャンマーでもすでに農村から若者が消え、それまでも厳しい生活をしていた農村部がさらに大変な状況に陥ってしまっています。
KUBOTAでは日本と同様、納品時に説明や指導をしてくれ、メンテナンスも保障もきっちりあるそうです。そこに信頼感を得られるのも、日本の会社だからこそだと思います。
こうした機械を操作したり管理できるのは若い世代の人たちですから、この流れを機に関心をもって農村で活躍する若い世代が定着していくことを願うばかりです。

今回の農業機器プロジェクトの中心はミンウーさん。自ら目標をたて、お金を貯め、自己資金をはたいて購入に踏み切りました。ミンウーさんは、当団体の招待で日本に数回訪れており、石川県と広島の福山市で、関係者の皆様が日本の農業の様子を色々と見せて下さり体験もできたことが大きく影響されていると思います。

(写真)2014年1月に来日し、石川の農業に関わるお仕事をされている賛助会員の皆様が集まり、ミンウーさんを囲んで親睦会を開催した際の様子

その際は農業の経営について、皆さんがどのように採算をとっているのか、1回の収穫を増やし、安全な美味しいお米を作るための工夫や知恵を熱心に聞いていました。

下の写真は、2014年6月に、広島県福山市にあるNPO法人グローバルハートスペースの農業プロジェクトで民家での農業体験をしている様子です。

こうしたつながりと経験の中で、時間をゆっくりかけてでも、一歩一歩と経験を活かして歩み続ける姿は、本当に嬉しくありがたいものですね。

やっと進化が始まったミャンマーで、貧富の差が大きく広がる中、取り残されないように、今やらないと、村が大変だから、と意を決して前に進んでいるミンウーさん、引き続き頑張って下さい!!







2017年9月13日水曜日

第15期 9月ミャンマー人道支援

事業種: 人道支援事業

事業名: 2017年2月ミャンマー人道支援 
開催日: 2017年9月8日~2017年9月12日
従業者: 2名

 事業内容:
支援・訪問先:
  1. モン州Z村、教育事業、農業事業支援
  2. エヤワディ州C村農産業事業
  3. ヤンゴン拠点事業、日本語学習者への指導
主な事業内容:
  • 当団体が長年支援しているモン州のSPT孤児院等に米を届けているZ村で、稲刈り機を購入する計画が立てられた。メンバーの土地は16エーカー程度だが、近隣に新しくできたクボタの農業機械販売店で、保証人となって分割購入をし、数年の間に2000万円近くの購入金額の返済を目標に、近隣の農民に格安で貸出し利用してもらおうという計画である。稲刈り機が村に1台あれば、これまで手作業、或いは安価な中国製の小さい機械を壊しては修理しながら行ってきた稲刈り作業もコストもかなり軽減できる。現在、近隣の農民所有の田んぼ合わせて200エーカー分を稲刈りする予定で、実施していれば、利用したい多くの農民が要望してくる可能性が高い。積極的に村の人々に説明をし、参加を呼びかけ、2年の間に返済できるよう、当団体からも頭金分に充当してもらえるよう資金提供を行った。
  • 同じZ村のボランティアメンバーが、自分でレンガ造りの建物を立て、近隣の貧困学生の塾を開校している。12~14歳の中学生を対象に、寄宿して学ぶ学生が25人、学校が終わって夜まで学ぶ学生が約35人集まり、学習に励んでいる。ボランティアが自費で全て賄っており、就学もできない貧しい家庭の子ども達を寄宿させているため、教育費のサポートと子ども達の衣類や文具、日本から持参した医薬品等を寄付した。
  • 農産業プロジェクトのCW村では、集会所として使える建物を自力で建てており、大人の仕事だけではなく、子ども達の為の小さな図書館を作る計画を立て、準備費として寄付をした。
  • ヤンゴンで拠点として活用させてもらっている寺院内の井戸ポンプが故障してしまい、修繕を行う。宿泊施設計画は長期的に進めているが、井戸水だけは汲み上げ続けなければ、枯渇したり、泥水でポンプが詰まってしまうため、ポンプを稼働しつづけ、管理するための維持費が必要となるため、村の責任者に管理費を預けた。
  • 現在、ミャンマーでは日本語学習者が増加しているが、日本に働きに行く事を目的に就学させ、面接後に旅費など自己負担分を支払い、技能実習生制度を利用して数年間日本で働くという若者が増えている。そこに違法や悪用がないにしても、双方の目的に相違があり、日本語教育と就職先を紹介する中間業者の説明不足なのか、ミャンマー人側の思い違いなのか、不安を抱え悩んでいる学生は少なくない。当団体に相談依頼があり、自力で日本語能力試験N1に合格し、現在日本の会社を立ち上げ仕事をしているメンバーより、日本の体験談を伝え、個別相談に乗る機会を設けた。(参照:外部リンク陽月堂ブログ


収支報告:
人道支援事業
奉仕センター整備
交通・運搬/通信費
Z村教育施設
CW村農業産業事業
Z村農業事業支援
¥374,501
\14,408
\128,446
\82,645
\300,000

合計¥900,000